since 2004.10.23
<   2004年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
(久々の投稿)tableを使わない3ブロック配置は色々と課題がある。
 tableを使用しないコンテンツのブロック配置(2or3カラムとか)を他のブログで実現したのですが、結論的に言えば、さしあたりtableを使ったレイアウトの方が楽である、ということだ。
 W3Cが「コンテンツはHTMLで、装飾はCSSで」と強調しているが、それを実現するためのブラウザのCSS実装状況が様々な問題を抱えすぎているため、CSSでクロスブラウザな安定したレイアウトをすることは、tableでそれを行う場合に較べて課題が多いからだ。
 いっそのこと、W3Cがtableをレイアウトのためのツールとして認めることはないのか、とさえ思うくらいである。
 それでもなお、私自身はCSSでのレイアウトに拘ってみたいが、それに見切りを付けないまでも妥協も良し(天下のYahooなどの多くのPortalサイトも、現実的な対策としてtableを多用している実態は、各種ブラウザのCSS実装の不十分さを雄弁に物語っている)と思う昨今である。
[PR]
by hkom007 | 2004-11-24 10:46 | Blog
要素のwidth:異なる定義に翻弄される私!
 「css2.0における要素のwidth定義はIEにおけるのそれとは異なっており、IEは正式にcss2.0をサポートしていない」───このことへの無知がスキン編集においてレイアウト崩れを引き起こす最大の原因の1つとなっていると思う。実際私はつい最近まで、この問題の存在すら知らなかった。
 偶々tableを利用しない段組を他のブログで行ってみて、IE上では綺麗に見えるのに、firefoxでは横方法レイアウトがガタガタになってしまう苦い経験を経て、その原因がwidthの定義違いにあることをある方から示唆され、はじめてこの問題に直面したのだ。
 ・・・ここで注意したいのは,ボックスの大きさは要素の大きさ以上になるということである。ボックスの幅は次のように定義される。

(box width) = (margin-left) + (border-left-width) + (padding-left) + (width) + (padding-right) + (border-right-width) + (margin-right)

 width は要素の内容の幅である。(Step forward CSS - Section 12

 この式で見ると「要素の内容幅」であるwidthはpadding幅もborder幅も含まない純粋に「要素の内容」幅である。ところが、IEが解釈する「要素width」はこの式と異なるというのだ。
 IEが解釈する要素width=(border-left-width) + (padding-left) + (内容width) + (padding-right) + (border-right-width)

 かくして横方向レイアウトは何らかの形で要素widthを指定している限り、IEとmozilla系のブラウザでは異なってしまうわけだ。
[PR]
by hkom007 | 2004-11-11 13:16 | HTML/CSS
いやはや・・。FireFox ではレイアウト崩れが・・・
 あるブログでtableを利用せずにCSSだけでレイアウトし、かつJavascriptを利用してPopupWindowを設置したところ、IEおよびその互換タブブラウザでは思った通りに表示されるのであるが、注目されているFirreFoxで表示させてみると、レイアウトは崩れるわ、Javascriptはうまく作動しないわ、ってことで問題だらけ!
 ますます迷宮にはまりこんでしまいそうな嫌な予感に襲われている。
 だからtableによるレイアウトの方が・・・という結論になるかも知れないし、もっと勉強してブラウザ別のCSS作成なんてことになるかもしれない。
 ───いずれにせよ、そうしたことで悩む必要がないexblogに一日の長があるかも知れないなんて思いも巡ってきて・・・・
[PR]
by hkom007 | 2004-11-10 02:00 | HTML/CSS
Layout FreeなBlogに挑んで・・・
 無料Homepageスペースや無料カウンターなどで奮闘しているfc2が、10月末にブログを開設したことは、多くの方がご存じかと思う。そしてexblogでは不可能と思われたレイアウトの自由度を10日間でfc2において獲得した。自己PR→anythig from here
 しかし、もちろん、exblogはその使いやすいさ、exbloger同志の情報やりとりのしやすさ、exciteブログページの充実度等々から、新参のfc2と比ぶべくもない利点を多々有している。ごますりではなくそう思う。
 従ってどちらを選ぶか、あるいはどちらをメインとして利用するかは、ユーザー毎のブログの使い方、あるいはブログに求めるものに拠ってことなるであろう。
 ブログとはHTMLやCSSの勉強の場でもあり、また一方個人情報の交換の場でもあるのだから、二兎を追い求めるのは一つのブログでは困難かも知れない・・・・。
[PR]
by hkom007 | 2004-11-08 01:31 | Blog
nanyanaさんより貴重なレスを戴いた。(HTMLとCSSの話題)
 段組をCSSで行うか、あるいはHTMLのtableで行うか、それはまさに理想と現実の狭間で、ホームページ作成上において決着の付かない問題となっていると思われる。次の意見などは現実的な対応として大いに参考になると思われる。(CSSの理想と現実(by manyanaさん)
 振り返れば、「レイアウトはtableで」と思いこんだのは、タグをテキストエディターで一つ一つ書くことの天文学的面倒くささからなかなか踏み込めなかったHomepage作成に、HomepageBuilder(以下HB)などの敷居の低いHTMLエディターを利用してチャレンジし、その簡単さ狂喜乱舞し、これで私もHomepage作者!と悦に入り、Yahoo!のToppageなどの著名サイトを参考に盗作しながら、Myサイトの作成を開始した経緯───こうした経緯はHomepage作成に踏み込む場合の極めて一般的な進み方と思われる───に端を発している。
 そうこうしている内にHBを使い込むほどに感じだす様々なこと───行間が変更しにくい、テンプレートを使うといかにもHBで作ったなあとバレバレになる、表のボーダーをCollapse状態にするのが大変、CSSがHBでは扱いにくい等々───から、次第にHBに飽きと不満が講じてきて、タグエディターに移行した(HtmlProject2を利用。HtmlProject2はCSSもしっかりサポートしている素晴らしいソフトだと感謝している。ブログのスキン編集などで原因不明のレイアウト崩れ等が出た場合には、ソースをHtmlProject2に読み込ませて、不具合箇所をチェックすることにより簡単に汚点を発見出来るのも嬉しい)。
 話を元に戻そう。
 しかし、この時点でもレイアウトをtableで行う、という原始的にして余りに普及している作法は顧みられることはなく、大多数の人が当然のこととして採用するであろう手法を私も疑いもなく採用してきた。「レイアウトはtableで行い、細かな装飾はCSSで」という現実と理解であった。
 そしてブログ。
 ここに至って初めて、HTMLとCSSの関係や、CSSによるレイアウトの奥深さと複雑性等々を認識するに至ったのだ。初めて問題にぶちあたったのだった───サイトのアクセスビリティやCSSの呪縛的とも言えるレイアウト作法に。
 ブログによって構造化されたホームページの具体的な存在を初めて認識させられたのであり、裏返せば構造化されたHTMLやCSSという理解そのものが欠如していたのであり、カルチャーショックを受けたと言えるだろう。
 しかして、今後は?
 未だ暗中模索を続けている段階であり、問題に直面しこれから解きほぐしていくその入り口に立った、と言うことだけは確かであるが、基本方針は未定である。
[PR]
by hkom007 | 2004-11-07 13:40 | HTML/CSS
わむさん! 貴重な情報にに感謝
 wao~~!わむさん!大変貴重な情報をありがとう!!感謝感謝です。
 早速全部覗いてみます!
 それから非公開コメントのことは、こちらのミスです。exblogの公開/非公開アイコンは非常に小さくて色も同じなので極めて分かりにくいのです。(だからこのアイコンをカスタマイズしている人も見かける訳で、私の場合も既にミスってしまったので、アイコンを変えざるを得ませんね。)既エントリイ内のコメントへのリンクは削除しました。
 紙幅(というのもおかしい表現だけど(笑))を沢山埋め尽くすことに何の遠慮も要りませんので、宜しかったら気が向いた時に持てる知識をガンガン吐露してください!
[PR]
by hkom007 | 2004-11-05 20:15 | HTML/CSS
CSSの基本こそ重要かも!
 わむさんから貴重なコメントを戴いた。
 これまで3週間、手探り、暗中模索状態で、CSS関連各サイトを探勝しCSSの学習を重ねてきた。exblog内の有名ブロガーのスキン編集エントリイも多いに参考にさせてもらった。さらにexblog以外に、よりレイアウトが自由に行えそうなfc2ブログにも手を出し、二兎を追ってきた。
 そしてやっと、fc2掲示板に発した縁で、「正当な」CSS、あるいはCSSの基本にたどり着けそうな所までたどり着いた。構造化されたCSS記述に真正面から向かい合って、論理的で明解なCSS構文によるブログ構築を一歩ずつ歩み出したい、───と思う。
[PR]
by hkom007 | 2004-11-05 10:58 | スキン編集
HTML/CSSとアクセスビリティ(2)
<バリアフリー>CSSについて
 alasseoさんの考え方は読ませて戴きました。
 この問題=サイトのアクセスビリティは、これまで私自身が殆ど考慮してこなかったことであり、私にとってはサイト作成上の新しい問題なので色々と情報を収集し始めた段階です。 従って早急にかつ安易な結論を引き出すことは賢明ではないと思いますし、同時にNNとIEの市場争奪戦を通じて起こされたきた様々なトラブル、混乱等々の影響が、この問題に未だに大きな災いを投じたことを恨めしく思っています。
 装飾やレイアウトは全てCSSでと主張するのは強引過ぎる感があるし、一方HTMLに拘泥してCSSを軽視するのも、保守的過ぎるかも知れません。いずれにせよ、個人の好みやHTMLやCSSへの理解度も反映する問題ですから、長い間のあらゆるサイト作成の現実の中で勝敗が決っせられる問題ではあると思います。
 補遺:私自身は、これまでstyle=形式とclass指定しか利用してこなかったCSSの勉強を兼ねて、しばらくCSSによるレイアウトや装飾にチャレンジしてみようかと考えています。
[PR]
by hkom007 | 2004-11-04 17:31 | HTML/CSS
tableタグによる分割配置は改めてるべきかもしれない。
 このexblogでは左右2列あるいは3列配置にtableタグを多用しています。
 しかしこのような主張を見つけ、果たしてexblogのスキンはブラウジングのアクセスビリティをどの様に考えているのか、改めて疑問に思い始めています。
CYBER@GARDEN > Web作成 基礎講座 > HTMLの本文[2]
<table> はレイアウト目的で使わない。
 一覧表、数表、年表など「表」を組む必然性があってはじめて <table> 使うべきであり、テキストや画像の成形や配置・配列などレイアウト目的で <table> を使うべきではありません。(中略)CSS がなかった昔は、<table> で上記のようなレイアウトを実現せざるをえなかったので、その慣習が残ってしまっているのです。ただ、<table> をレイアウト目的で使ってしまうと、テキストブラウザや音声ブラウザの誤動作の原因になるなど、アクセシビリティが極端に低下します。今は CSS があるのですから、「見栄えは CSS で」という原則を忘れないでください。

[PR]
by hkom007 | 2004-11-04 14:14 | スキン編集
24(drama)レンタル開始!しかし間に合わなかった
 米国のドラマ「24」の第3Seasonが本日からレンタル開始となることは知っていたが、午後TUTAYAにいったところ既に全てレンタルアウトされていて、空しく空になったケースを眺めて帰宅。 知っている人は知っているのだ!(笑)
[PR]
by hkom007 | 2004-11-03 17:08
検索
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
zeumemod oqoin
from eow neiyan
eir ioxamv
from lmiatia jqeu
eibej ujuqufa
from fqeiwese nwao..
iapc qeik
from zaavani luuvopu
fucking from..
from fucking from b..
digimon girls
from digimon girls
girl girl ki..
from girl girl kiss..
free teen up..
from free teen upsk..
カテゴリ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧